ペリコン・デ・カディス of フラメンコ百科事典-歴代フラメンコ歌手

当サイトはフラメンコのカンテと理論の教室 カンテ・デ・ナランヒータが運営しています。

HOME > 重要なフラメンコ歌手 > ペリコン・デ・カディス

このコーナーでは、歴代のフラメンコ歌手の中でも
フラメンコの発展に寄与したり、それぞれの時代を代表した
特に重要と思われるフラメンコ歌手をご紹介します。

ペリコン・デ・カディス  1901年生まれ

ペリコン・デ・カディス(本名Juan Martínez Vilchez)は、
カディスで1901年に生まれ、同じカディスで1980年に亡くなりました。

ご紹介する映像はタンギージョ。

フラメンコ歌手が歌うタンギージョの映像は本当に珍しいので、
ぜひご紹介したいと思いました。

ペリコンは、その出身地のカディスのカンテを得意とし、
軽快なリズム感と、ちょっとした洒落っ気のある表情で、人気のフラメンコ歌手でした。

幼い頃、地元カディスで飴売りの行商をしていたところ、
売り声の美しさにスカウトされて数々の舞台へ登用され、
その後のマドリッドでの仕事へとつながりました。

ペリコンは、カディス系のカンテの多くと得意としていて、
今日ご紹介したタンギージョのみならず、
アレグリアス、カンティーニャ、タンゴなどなど、数多くの録音が残されています。

当教室でも、カディス系のカンテの勉強をしたいのなら、
まずはペリコン・デ・カディスのCDを用意しましょうと言っているほどなんですよ。

また、彼の特徴でもあるのが、
指先でテーブルをはじいて、打楽器代わりに演奏すること。

彼が奏でるカディス系の曲に合わせたリズムは
後の多くのフラメンコアーティストたちに影響を与えています。

アレグリアスなどでは、彼独特のリズムが、
そのままサパティアードに生かされている場合も。

カディスの心いき、ぜひ楽しんでください。

2014年6月20日筆 Naranjita



LinkIconこのサイトの使い方へ
LinkIcon更新履歴はこちら
LinkIconサイトマップはこちら
LinkIconメールはこちらから
LinkIconご質問はこちらにどうぞ
LinkIcon音源などのリンク集はこちら
メールでの質問にはお答えしておりません。コメントとして頂いたご質問は、このサイトにご質問と答えを掲載いたします。

携帯用サイトはこちら
0ab45330a136bc208b61635bc6de4adc.gif

当サイトはフラメンコの歌と理論の教室
カンテデナランヒータが運営しています。
LinkIconカンテデナランヒータのサイトへ