カルタヘネラ of フラメンコ百科事典-データベース

当サイトはフラメンコのカンテと理論の教室 カンテ・デ・ナランヒータが運営しています。

HOME > パロ(曲種) > レバンテ系 > カルタヘネラ

このコーナーでは、フラメンコのパロ(曲種)についてご説明します。

意外と思われるかもしれませんが、ある曲があるとき、
その曲がフラメンコかどうかを決めるポイントは、実はメロディなんです。
フラメンコは各パロ(曲種)ごとに決まったメロディがあって、
パロ(曲種)によっては、ひとつのパロ(曲種)に複数のメロディがあることもあります。
それらのメロディが全部集まって、フラメンコを作っています。
フラメンコには譜面もないので、パロ(曲種)の分類はあくまでも耳だけが頼り。
フラメンコ好きを自負される方にも、パロ(曲種)の分類はかなり難しいことです。

パロの詳しい定義はこちら

フラメンコでは、いくつかのパロ(曲種)を集めたグループ単位で、
パロの勉強をすることが一般的ですので、グループに分けてご紹介します。

(尚、当サイトのグループへの分類方法はカンテ・デ・ナランヒータのオリジナルです。)
(グループ全体の説明から、各パロの説明へと読み進めると理解しやすいようになっています。)

第8グループ  レバンテ系 

LinkIconレバンテ系全体の説明はこちら

カルタヘネラ 

117.jpg

カルタヘネラ

カルタヘネラは、
もともとレバンテ地方にあった、
古い民謡カルタヘナを
もとにしていると言われています。



レバンテ系の多くのカンテが、
炭鉱の中で発展したと言われていますが、
このカルタヘネラは、唯一 街で生まれたカンテです。

そのため、
他のレバンテ系のカンテよりも洗練され、
より複雑で繊細なメロディになりました。


フラメンコの中でも、
特に重要な歌に、マラゲーニャがあります。

独特の節回し、装飾音符が美しく、
フラメンコ歌手が、必ずレパートリーに加える曲なのですが、
このカルタヘネラは、発展の過程で、
マラゲーニャの影響を受け、
現在の形になりました。

リズムは他のレバンテ系のカンテと同じファンダンゴで、
リブレでとうとうと歌い上げられます。

まるで空のかなたへと歌うように。


カルタヘネラで代表的な歌手 アントニオ・チャコン

LinkIconファンダンゴのリズムへ
LinkIcon用語リブレの解説へ



2012年9月23日筆 Naranjita