ビジャンシーコスフラメンコス of フラメンコ百科事典-データベース

当サイトはフラメンコのカンテと理論の教室 カンテ・デ・ナランヒータが運営しています。

HOME > パロ(曲種) > その他のカンテ > ビジャンシーコスフラメンコス

このコーナーでは、フラメンコのパロ(曲種)についてご説明します。

意外と思われるかもしれませんが、ある曲があるとき、
その曲がフラメンコかどうかを決めるポイントは、実はメロディなんです。
フラメンコは各パロ(曲種)ごとに決まったメロディがあって、
パロ(曲種)によっては、ひとつのパロ(曲種)に複数のメロディがあることもあります。
それらのメロディが全部集まって、フラメンコを作っています。
フラメンコには譜面もないので、パロ(曲種)の分類はあくまでも耳だけが頼り。
フラメンコ好きを自負される方にも、パロ(曲種)の分類はかなり難しいことです。

パロの詳しい定義はこちら

フラメンコでは、いくつかのパロ(曲種)を集めたグループ単位で、
パロの勉強をすることが一般的ですので、グループに分けてご紹介します。

(尚、当サイトのグループへの分類方法はカンテ・デ・ナランヒータのオリジナルです。)
(グループ全体の説明から、各パロの説明へと読み進めると理解しやすいようになっています。)

第11グループ  その他のカンテ 

LinkIconその他のカンテ全体の説明はこちら

ビジャンシーコス・フラメンコス 

294.jpg

ビジャンシーコス・フラメンコス

ビジャンシーコスとは、
一般にクリスマスソングのことで、
日本でもよく歌われているきよしこの夜も、
スペインではビジャンシーコスのひとつです。



フラメンコのビジャンシーコスは、
様々なフラメンコのリズムやメロディを使って、
クリスマスの様子を伝えたり、
イエス様の誕生を祝ったりする歌詞が歌われます。

たとえば、タンギージョ・デ・ナビダは、
身重のマリア様が休む場所を探そうと宿屋の主人とやりとりし、
結局馬小屋に通されるという有名なお話を、
そのまま歌にしています。


クリスマスの時期には、
あちらこちらの教会で、フラメンコ歌手の歌によるクリスマス礼拝が行われたり、
テレビでも、フラメンコ歌手が聖歌隊のように歌うミサが放送されたりと、
フラメンコ歌手にとっても、大事なシーズンとなります。

ビジャンシーコス・フラメンコスだけを集めたCDや、
フラメンコ歌手が歌うクリスマスミサのCDも沢山発売されているので、
宗教曲に興味のある方はぜひ聞いてみてください。



ビジャンシーコス・フラメンコスで代表的な歌手 マヌエル・ルンボ


2012年10月18日筆 Naranjita