アレグリアスソレア of フラメンコ百科事典-データベース

当サイトはフラメンコのカンテと理論の教室 カンテ・デ・ナランヒータが運営しています。

HOME > リズム > アレグリアスソレア

このコーナーでは、フラメンコのリズムをご紹介します。
フラメンコは、リズムで曲種が決まるわけではありません。
数多くあるフラメンコのメロディを、
フラメンコ独特のリズムに乗せて歌うもので、
同じメロディでも、異なるリズムに乗せて歌うこともあるんです。
また、時代とともに、同じメロディでも乗せるリズムが変わったりもします。
現在使われているフラメンコのリズムは、以下の5つのパターンしかありません。
最初に5つのリズムを覚えてしまうのも、フラメンコ理解にとても役に立ちます。

LinkIconタンゴのリズムへLinkIconアレグリアス・ソレアのリズムへLinkIconブレリアのリズムへ
LinkIconシギリージャのリズムへLinkIconファンダンゴのリズムへ

12拍子のリズム1(アレグリアス・ソレア)

P1100053.JPG

12拍子のリズム1(アレグリアス・ソレア)

フラメンコの踊りで一番良く知られているのが、アレグリアスとソレアではないでしょうか。
12拍子のリズムで、頭拍にはアクセントがない、穏やかなリズムが特徴です。






踊りの場合は、アレグリアスやソレアであっても、後半は盛り上がりを作るため、ブレリアのリズムに切り替えて演じられる事が普通です。
また、カンテの場合も、ソレアの場合は、最後の最後にほんの一瞬ブレリアに切り替えて終わる習慣があります。

以下は、フラメンコでよくつかわれているアレグリアス・ソレアの基本のリズムパターンです。
実際は、基本パターンをベースに色々アレンジして使います。
(○←普通の1拍 ◎←アクセントのある拍)

1)○○◎○○◎○◎○◎○◎
2)○○◎○○◎○◎○◎○○

普通、アレグリアス・ソレアのリズムは1)ですが、よりスムーズに演奏するため、
2)のように、最後にアクセントをつけない事もあります。

また、1980年代には、アレグリアスやソレアがブレリアのリズムで
多く演奏された時期がありましたが、現在ではその流行は終わっています。



2008年1月20日筆 Naranjita



LinkIconこのサイトの使い方へ
LinkIcon更新履歴はこちら
LinkIconサイトマップはこちら
LinkIconメールはこちらから
LinkIconご質問はこちらにどうぞ
LinkIcon音源などのリンク集はこちら
メールでの質問にはお答えしておりません。コメントとして頂いたご質問は、このサイトにご質問と答えを掲載いたします。

携帯用サイトはこちら
0ab45330a136bc208b61635bc6de4adc.gif

当サイトはフラメンコの歌と理論の教室
カンテデナランヒータが運営しています。
LinkIconカンテデナランヒータのサイトへ